FC2ブログ
昨日は、2つの気になるニュースが飛び込んでまいりました。

新型コロナの学習遅れ、次学年繰り越し認める 文科省 小6、中3は優先登校(毎日新聞)

私は、これを見て9月入学はなくなったなと思いました。
それでは、小6、中3、そして高校生はどうするのだろうか?と。
高校生は、進級という問題もありますからね。
すると、夜になって、こんな情報も。

文科省、高校入試の出題範囲に配慮求める(スポニチ)


この2つの記事を見るとダブルスタンダード

小6、中3は、今年度中に学習内容を終わらせてください。
といいつつも、入試等の出題範囲は配慮してね。

となれば、一応、学習内容は終わらせてね。
後半、時間ないから急いで授業でもいいよ。
入試には、出ないようにするから。

と言っているようにも聞こえる。

「入試には出ない」となると、「入試に出る」ところを優先させてしまうのは、受験生なら当然でしょう。

文科省は、教育に責任を持って対応するためにも、出題範囲も今のままで、やるべきだと思う。
それに、東京や大阪などの大都市圏と、地方の都市は分けてみるべき。
休校もそう。
過疎化が進んで、1クラス10人ちょっとしかいないところまで、今も休校にしている必要があるのか?
大都市に合わせて、学習の機会を失わせているのは、もったいないことだと思っております。

当塾も、小6生、中3生は重点的に対処します。
あとは、中1生かな?学校で授業やってないですものね。
それなのに、課題は、学校でやるはずだった授業の内容になっております。
最初に、つまづくと大変ですよね。

当塾は、感染防止に努めながら、分散通塾などを行いながら、5月7日から営業を再開しております。
学校で授業がない分、塾の授業に「価値」を感じてもらえているのか?
塾生の皆さんも、非常に意欲的です。
ぜひ、この時期に入塾を検討されている方は、当塾を検討して頂きたいと思っております。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://daiichishingaku.blog77.fc2.com/tb.php/2141-6733006f