FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2月は色々なことを考える時期です。
特に今年は、そんな感じです。
とても悩んだり、方向性を見失いがちになったり。
いつも以上に、落ち込んでしまったり・・・。

どうしても、こういう仕事をしていると、子供たちの将来。
この地域の将来のことも考えてしまいます。
もちろん、それが塾の経営にもつながっている部分であるからだと思います。

あまりにも、世の中の変化に大人達はついていけなくなっている。
様々な社会問題。
一番分かり易い少子化問題も、財務大臣が「年を取ったヤツが悪いみたいなことを言う変なやつがいるけど、それは間違っている。子どもを産まなかった方が問題なんだから」と言っちゃう世の中です。

田舎に住んでいると、急激な少子高齢化に対応しきれていない社会システムを目の当たりにして。
そのしわよせは、全て「産まなかった世代」とされた我々に及びます。

成人になると言う意味ではなく「大人になる」とは、「若者」と呼ばれなくなってからかもしれないです。

大人になってみて、自分たちが少しでも持った憧れのようなものは、もしかしたら“幻想”だったのかもしれないとも思います。

申し訳ないけど、「就職氷河期」とか、社会から取り残された世代とも言われる私達40代前半ぐらいの世代からすると
「こんな時代」と思わず口にしてしまいたくなるのも事実です。

でも、こんな時こそ「人生は夢だらけ」と言わなきゃ駄目なのかもしれないなあと。
何となく思いました。
人生の折り返し地点
この歌の歌詞に出てくる

♪二度と会えない人の幸せなんて
遠くから願おうにも洒落臭いが然し

痛感したいです
近寄ればかなしく
離れればたのしく見えてくるでしょ

それは人生 私の人生
ああ誰のものでもない
奪われるもんか私は自由

この人生は夢だらけ♪



まあ、こんな感じで生きたいですね!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://daiichishingaku.blog77.fc2.com/tb.php/2134-d559617e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。