FC2ブログ
おはようございます。
いつの間にか、11月に突入しました。
11月というと、学校の三者面談。
私や、知り合いの他塾の塾経営者の方々には、ある意味「嫌な季節」になりました。

というのも、この学校の三者面談で生徒のやる気をなくしたり、「勉強をちゃんとしなくてもいい」みたいな雰囲気にされることも多いからです。

一番最悪なのは、この11月の時点で「もう無理だから」と言い切られちゃうこと。
そして、自信をなくして志望校を下げる。
志望校を下げれば、勉強をしなくなるのは当然。
志望校を下げるのは、1月や2月の新教研を見てからで、十分だと思っております。
なぜ、まだ11月なのに、明日にでも受験が終わるみたいな指導をするのか?

次に、「2月の一期入試で決まっちゃえばいいじゃん!」的な進路指導。
その証拠として、
「一期入試は部活で受験して、駄目だったら二期は志望校を下げる」

来年から、入試制度が変わりますので、こういうのは今年が最後であると思いますが、
一期を受験して、駄目だったら二期で志望校を下げるなら、一期入試は受けるべきではないです。
一期を受験しても、二期でも十分に合格できる勉強をさせるべきです。

当塾でも、塾生の進路相談を受け付けております。

また、最近、中1・中2生の入塾が大変ありがたいことに増えてきております。
曜日によっては、満席になっている教室もございますので、入塾をご検討の方は、お早めにお問い合わせください。
小6生の中学準備講座も絶賛開講中です。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://daiichishingaku.blog77.fc2.com/tb.php/2130-3df5b384